[PR]ジャマイカの反体制思想とレゲエ音楽 忍者ブログ
[780] [779] [778] [777] [776] [775] [774] [773] [772] [771] [770]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月下旬くらいに書いてたんだけどデータふっ飛ばしてしまってしばらく放置してました()

-------------------

そんなわけで里親は見つかった。

名乗りを挙げてくれたその人は僕と同い年で、京都でお婆さんと2人で暮らしているらしく昼間はお婆さんが面倒を見てくれるとのことだった。
まだまだ身辺の世話の必要な猫にとってはこれ以上無いくらい好条件だ。


手放したくないという気持ちもありながらこれだけの条件ならやむを得まい、と思いながら早速アポを取り、それじゃすぐにでもお会いしましょうとのことで2日後の引き渡しが決定した。
ここまで猫を拾ってからわずか2日目のこと。難航すると忠告された里親さがしもこんなにすんなりと終わるとは思わなかった。




この頃になると猫のほうも警戒心を無くして、かなり人懐っこくなってきた。

まず僕が部屋の中で移動すると必ずついてくる。
そして足にしがみついてくる。かわいい。(たまに足の指を噛まれたりするが)

パソコンを触ってたり本を読んでたりすると膝の上に乗っかってくる。
なでてやったりすると喜ぶ。かわいい。

僕は寝る時いつもうつ伏せなんだけど、そうやって寝てると背中に乗っかってくるか腕の間に入ってきて体の隙間で一緒に寝ようとする。くそかわいい。

朝、外が明るくなると自分で起きて、猫パンチで起こそうとしてくる。
僕が気づかずそのまま寝てたら布団の上にフンしてた。これはかわいくない。

ともかく猫が来てから僕の生活は潤いまくりで、生活の中心が猫であるとも言えた。




名前の話。

猫を拾ってからというもの、一度見てみたいといって友人が何人か遊びに来たのだけど、名前が無いといろいろ不便だという意見があって仮名をつけることになった。

その名は「教授」。
センター分けのような顔の模様と鼻の下のちょび髭がいかにも教授っぽいから。

最初はうーん?って感じだったけど呼んでるうちにしっくりきた。お前は教授だ!
個人的には経済学史あたりが専門なんじゃないかと踏んでいる。


僕「教授、道徳感情論と国富論の関係性についてはどのような考えをお持ちですか?」
猫「にー!」
僕「そっかー。」





閑話休題。
そんなこんなで引き渡しの日が来た。
引き渡し先は大学付近の公園で家からは遠いので、寝てるところを見計らってトートバッグに入れ、地下鉄に乗って連れて行った。


約束どおりの場所で教授を膝に乗せて待っていると、仲介してくれたゼミの友人と里親さんが来て、教授氏を一目見た途端「かわいい!」と言ってくれた。
当たり前だ、教授はかわいいのだ。

里親さんは僕と同じ大学の3回生で、優しそうな爽やか大学生という雰囲気があり、話した感じいい人そうだった。
この人なら大切にしてくれるだろう、と思いつつ、仮名は教授だが適当にしっくりくる名前を付けてほしい、それからエサはこれこれで、ワクチンもお願いしたいといったことを伝え、病院で貰ったエサとミルクも引き渡した。



教授は里親さんに抱かれ、「なんで?なんで?」みたいな顔をしている。

残念。僕はお前の親にはなれないのだ。
せっかくいい人にもらわれたんだ、幸せになれよ、

と教授にテレパシーを送りつつ、いつか大きくなったらぜひ会わせてほしいと約束してもらい、別れた。



帰り道ほんのすこし泣きそうだったのは内緒。



その⑥へ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
NEW ARTICLES
(08/23)
(03/31)
(03/26)
(03/22)
(09/22)
VARIOUS
NEW COMMENTS
[08/23 ころも]
[08/02 millnove]
[03/30 ころも]
[03/30 鳥]
[03/30 ころも]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ルネサンス All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]