[PR]ジャマイカの反体制思想とレゲエ音楽 忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Twitterのプロフ欄にこっそりここのURL貼ってから、じわじわアクセスが増えてる・・。
タイムラインでたまたま見かける以外わざわざ僕のツイ見に来る人なんていないだろうと思ってたけど意外と見られてるもんなのか。うげー。

ちなみに僕はしょっちゅう人の過去のつぶやきとかふぁぼとか見てます。

何にせよ、書いたことを否応無しに見せつけてしまう場所と、読む側が見たいと思わないと見られない場所との違いはわりと大きいと思う。なんかこれ、前にも書いたぞ。

--------------

地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会 [著]阿部真大-大澤真幸(社会学者)-BOOK.asahi.com 朝日新聞社の書評サイト

なんやら大雑把に言えば、近頃の若者は地元志向が強いわりに地元の何が好きかと言われたら「イオン」「ミスド」などと大して地元固有でもないものを挙げるし、かといって地元の人(ここでは友達ではなくご近所とか)が好きなのかと言うと地域のつながりが強いわけでもない。
じゃ、なんで地元にそんな愛着があるのかというと、クソ田舎でも大都会でもない地方都市郊外の街並みが若者にとって「ほどほど」のパラダイスになっていて、さらに「ほどほどパラダイスで鍵となっている人間関係は友人関係、もっとはっきり言うと、中学や高校のときの同級生の関係」なんだと。


地方出身者はイオンで生活物資を手に入れてイオンで遊んでイオンで恋する~みたいな話があったけどまさにそんな感じで
生まれた時から日常的にイオンに連れてってもらうし、学校の友達と遊ぶのもイオンが当たり前だし、そりゃイオンが心のオアシスみたいになるよなぁと共感。

なんでそれが顕著になったのかと言われると、やっぱりネットのせいでいつでも地元と連絡が取れてしまうからか。

連絡が取れる→寂しくない というよりも

連絡が取れる→思い出す→帰りたい

の方が圧倒的に多い気がするぞ。僕の場合だけど。


しかし、都心一極集中よかよっぽどいい風潮なんじゃないのと思う。

拍手[0回]

PR
京都に帰ってきた。あーあ。
次は夏休み、講座もあるし帰れるのかなあという感じですね。

昨日は高校の同窓会だったんですけど、懐かしい顔ぶれに会えたテンションと寝不足とで必要以上にアルコールがまわってしまって、終始荒ぶったことをしていた模様。(本人記憶無し)
関係各局ご迷惑おかけしました。リバースしなかっただけでもよかったが。


ふらふらしながら家に帰り、翌日朝6時に出てそのまま大学行って1限、しかもゼミ。
前日のぽしゃけが残ってる状態だったし意外とあがり症が緩和されるのでは?と思ったけどダメダメだった。
いくつになっても人前で話すのは苦手である・・(ゆーて6人+教授しかいないのだけど)

-----------------

GW終わったしそろそろ勉強せないかんなあと思って図書館から適当に本を借りて読んだりしてるのだけど、なんだかいまいち体系的じゃないという印象。
というか大学入ってからというもの、あれもこれもと脈絡無くかじってきただけなのでどれも入門の範囲の知識しか無くてとても薄っぺらい。
いい加減専門というのを持ちたいなあとぼんやり思ってます。


尾張

拍手[0回]

実家に帰ってきたもののあまりに暇すぎるので今更ブログ書奴。

Twitterって短い文章(文にもなってない)をポンポコ出してるだけだから、読むのにも発信するのにもなんかなぁと思う。とはいっても今はTwitterにしか人が集まらないし、結局毎日見てしまうのだけど。たんぶらーとかあるけどどうなんですかね。あんまり使い方がわからない。

--------


上記の通り暇だし名古屋行けばなんかあるだろうと思って、昨日は弾丸で名古屋に行ってた。

特に何か目的があったわけでもないのだけど、
ネットで見た「貨幣資料館」というのが面白そうだったからまずそこへ。
三菱東京UFJ銀行が建てたらしいこの資料館、名前の通り世界各国各時代の貨幣やら何やらが大量に展示されてるのです。しかも入場無料。

個人的に本朝十二銭と100兆ジンバブエドルの実物を見られてちょっと感動した。

コインに限らずだけど、同じ形のものが整然と並べられてる姿ってなんかロマンを感じる。
業務スーパーとか文具屋とか行ったときのあのワクワク感に通ずるものがあるね。


貨幣資料館のあと、せっかく名古屋に来たんだしと思って
資料館近くの味噌煮込みうどん食べたらこれがなんともビミョーだった。
というかぶっちゃけお湯でうどん食べてるみたいな感覚で全然美味しくなかった。
店員のおばちゃんはすごく親切だったのだけど。ごめんねおばちゃん。


あとは栄をブラブラして、Francfrancに寄ってみたりポケモンセンターに行ってみたり。
前からポケモンセンター行ってみたいなあと思ってたものの、今になってみると知らないポケモンが増えすぎてよくわからなかった。マリル・・・

あと何かのテクノユニットの野外ライブを見たり。観客のノリの悪さ(僕もだけど)に笑った。



名古屋はやっぱりちゃんと自動車を見越して造ってるから道が広いし、
交通網がしっかりしてるからいいなあって思う。
運転荒いのは置いといて。車も置けるし。



自動車社会に対応した都市として名古屋に首都機能を移転しよう(提案)



・・ゼミの課題やりますか。



おわり

拍手[0回]

もう流行終わった感あるけど、艦これというのをちょいちょいやってます。


我が第一艦隊(E2突撃後のためボロボロ)



友達に見せたらくっそ重いなって言われたんだけどどうなんだろう。ようわからん。
慢性的な資源不足なのは確かだけど。

第1艦隊の補欠メンバーとして赤城さん、金剛、霧島、不幸姉妹、
あと北上さんなんかが待機してます。


レベル上げという作業が苦手(=すぐ飽きる根性無し)なので毎回艦娘を酷使して無理やり押し切ってる感は否めない。
千代田と赤城さんはこのアホ指揮のせいで沈みました。ごめんね。
これはどんなゲームでもそうなんだけど、レベル上げだの厳選だのを極めることよりもストーリーとかキャラクターとかにハマってしまうところがあるから、仲間内で戦うとかなっても大抵弱いんだよね。



とりあえず青葉と北上がかわいい。

拍手[0回]

このブログ、放置期間長いけどなんだかんだ6年も続いてた。爆笑。

あのとき中学2年生だったのが、今は大学2年生。少しは成長しただろうか。

振り返るとなんかものすごい量の経験値を得た気がするけど、実際はたったの6年。

交友関係も大きく変わって、受験を2回も経験して、住む場所も3回変わったのに、

まだ時の勇者すらも目覚めない。 不思議なもんです。


インターネットも時代が変わって、

TwitterとかFacebookとか、短い文章を''否応なしに''相手に見せつける形が多くなって

こんな風に、リンクを辿らないと見えない場所で、ほとんど誰にも見られない中で

セコセコと長い文章を投稿する人も少なくなったけど

表向きに「こんなん書きました!」なんて知られずに思ったことを好きなように書けて、

誰かが気まぐれにアクセスしてくれた時に初めて目に入る

っていう場所も悪くないなって思います。 コレの1個前の記事なんて典型。



そういうわけで、もう誰か見てる人がいるのかもわからないけど

本当にたまーに更新しますね。

拍手[0回]

CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
NEW ARTICLES
(08/23)
(03/31)
(03/26)
(03/22)
(09/22)
VARIOUS
NEW COMMENTS
[08/23 ころも]
[08/02 millnove]
[03/30 ころも]
[03/30 鳥]
[03/30 ころも]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ルネサンス All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]